我が家には上が6歳、下が2歳の娘がいます。基本的にかわいいんですが、それでも疲れる時がありますよね。そんな子育てで疲れた時に読んで欲しいおススメの本をまとめました。
dada_kosodate_komaru_man



長 新太

長 新太さんは絵本作家さんなんですが、他の絵本作家さんとは一線を画します。

だいたい絵本と言えばかわいい本、教訓になる本、楽しい本ですが、長さんの本はどのジャンルにも属しません。長さん自体が1つのジャンルのような、独特のワールドがあります。

普通の大人には絶対こんな本書けません。発想、ストーリー共に天才です。例えるなら、ピカソのような?

おススメしたいのはブタヤマさんやキャベツくんが出て来るシリーズです。中でも「つきよのキャベツくん」が最高です。



いっさいはん

この本はちょうど1歳6か月くらいの子がよくやりがちな仕草、行動をかわいく描いてます。

ちょうど下の娘が1歳6か月ごろに嫁さんと二人で読んで、「あるある~。」「下の子はしてないけど、上の子がしてたな~。」とほのぼのしました。

我が家ではだいたい7割ぐらいの仕草、行動に思い当たりました。子育て中、子育てが一段落された方におススメです。自分で読むのもいいですが、友達へのプレゼントにもおススメです。

いっさいはん
minchi
岩崎書店
2016-11-26


家族ほど笑えるものはない

作者はカフカ ヤマモトさんという共働きをされている主婦の方です。娘さんの行動がかわいいんですよ。お兄ちゃんもとの掛け合いが大好きです。旦那さんはたまに出て来て、名脇役みたいです。

この本を読むと、自分の子供がいろいろやらかした時に笑えるようになる…かもしれません。

家族ほど笑えるものはない
カフカヤマモト
KADOKAWA
2017-03-09





家族ほど笑えるものはない2
カフカヤマモト
KADOKAWA
2018-03-09


本もおススメですが、インスタ、ブログもやられているので、本と合わせてどうぞ。

まとめ

絵本は読書の入り口として入りやすいですし、本を読むのが苦手な方はまず絵本から始めるのもいいかもしれません。
絵本は子供が読む本、と決めつけずに一緒に読んでみると、意外と単純に楽しめます。ぜひ、どうぞ!!


ブログランキングに参加してます!
よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ