イタリア料理にどんなイメージがありますか?

大抵の人は「レストラン」で食べるイメージがあると思います。

 Italy



イタリアンに対するイメージとは?

小さいころに(自分)「今日のご飯、何?」(母)「カルボナーラ、ミネストローネ、カルパッチョよ。」なんて会話をした記憶はありますか?私はありません。

学校の家庭科で作る料理も肉じゃがや味噌汁ぐらいなので、イタリアンの工程、材料を目にする機会がありません。

全く予備知識がない状態でレストランに行くと色鮮やかな料理が出て来るので、「作り方は分からないけど、オシャレな料理」というイメージの完成です。

イタリアンの調味料と調理方法


和食の調味料なら「さしすせそ」ですが、イタリアンなら「し(塩)」があれば、かなりの品数を作れます。

「す(バルサミコ酢、ワインビネガー)」もあればバッチリ。

 

調理法も至ってシンプル。

野菜、肉、魚をさっと焼いて塩振っただけ、みたいな料理も結構あります。

もちろん、理由があります。


イタリアンがシンプルな理由1

イタリアでは新鮮な食材が手に入りやすい、ということ。

主に南部では農産物や魚介類、北部では肉類、乳製品の生産が盛んです。

新鮮でおいしい素材が手に入るのだからあまり人の手を加えなくてもいいじゃないか、という考えです。

イタリアンがシンプルな理由2


イタリアンだって家庭料理だもの。(相田みつを?)


イタリアンは日本人から見れば外国のおしゃれ料理ですが、イタリア人からすれば家庭の味であり、母の味。

家庭料理に手間のかかる調理方法や特別な調理器具、材料は使いません。


みなさんの「お袋の味」を思い出していただければ分かるはずです。毎日手の込んだ料理は作れません。

まとめ


イタリア料理は馴染みがないから、難しいと思ってるだけで作ってみると案外簡単!

 

いろんなレシピを参考にしてパスタやピザを作る間に、どんどんイタリアンのハードルが下がって、今では冷蔵庫の残りやスーパーのセール品で気楽&適当に作れるようになりました。

上の子は「パパのトマトパスタ美味しい」と言ってくれるので、これからもイタリアン作っていきます。


ブログランキングに参加してます!
よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ