おはようございます!

ななにー(@nanabunnnoni)です。

カルボナーラ」ってレストランで食べるイメージありませんか?

実は作るとめっちゃ簡単です。

しかも冷蔵庫にある物でパパッとできる優等レシピ。

ポイントは「火加減」だけ!覚えておいて損はないレシピですよ~。

KIMG0317


カルボナーラとは?

「カルボナーラ」と言えば、炭焼き職人のことです。

今ではあまりいないんでしょうが、恐らく昔はメジャーな職業だったんでしょうね。

「パスタに乗った黒コショウが炭っぽい」ってことでしょうか?

炭焼き職人風、というと狩人風(カチャトーラ)同様にザッとした男の料理かな?と思いきや、火加減が実に繊細。

「ちょっとでも火を通し過ぎると失敗」と言っても過言ではないほど、火加減が重要なパスタです。


カルボナーラのシンプルな材料

作ったこと無い人はいろいろ入ってんじゃないの?と思われますが、実にシンプル。

「ベーコン、卵、粉チーズ」だけ!

念のため、牛乳もあった方がいいかな?

どこの家庭でもあるような材料で簡単にできちゃいます。


ネットで調べると生クリームを入れるレシピもありますが、イタリアでは入れないそう。

そりゃ、そうですよ。

「生クリーム大さじ1」とかハッキリ言って面倒だし、もったいない

コーヒークリームで代用する方法もありますが、我が家はブラック派なのでクリームもありません。


カルボナーラの作り方

ベーコンはあらかじめ炒めてから、お皿に出しておきます。

卵、粉チーズを混ぜてカルボナーラソースのベースを作ったら…

KIMG0314

フライパンに投入、ごく弱火でトロッとするまで煮詰めます

途中でソースの端やフライパンの底が固まりかけたら、コンロから外してもいいですよ。

「パスタソースとしてはちょっと緩いかな~」ぐらいになったら、完全に火を消します


パスタが茹で上がったら、フライパンにドサッ。

「トロッ」から「トロットロ」にするにはパスタの余熱で十分

むしろ、そのぐらい緩めにしておいた方が失敗しない。


KIMG0315

緩い時には「ごく弱火」で加熱、火が通りすぎて「ドロッドロ」になった時は「牛乳」をちょっと足しちゃえばOK!

仕上げにベーコン、黒コショウ振ったら完成~!


KIMG0317

カルボナーラは簡単でシンプル

冷蔵庫にある物でパパッと作れるカルボナーラ。

しかし、そんなカルボナーラもレストランで食べたら1,000円近くしちゃいます。

こりゃ、家で作るしかないでしょ!


ブログランキングに参加してます!
よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 新居浜情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 四国情報へ にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ